ゆとり教育によって、学習塾に通う子どもが多くなり、逆にゆとりがなくなったとの批判も。

ゆとり教育

ゆとり教育とは、あせらずゆっくりと、学習者自身の多様な能力を伸張させることをめざす教育のことです。

ゆとり教育は、主に小学校などの初等教育や、中学校・高等学校・中等教育学校などの中等教育において、いわゆる「詰め込み教育」に対する改善策として提唱された教育のあり方です。

1976年、加熱する受験戦争や、学校教育が知識を偏重し過ぎた詰め込み教育であるなどの批判から、文部省(現在の文部科学省)の中央教育審議会が、「昭和51年12月答申」において"ゆとりと充実"という表現を用いて学習内容の削減を提言しました。
これ以降、各教科の指導内容が削減されていくとともに、中学校などでの「選択教科」の拡大、小学校などでの教科「生活」の新設、小学校から高等学校までの段階のすべてで「総合的な学習の時間」を新設するなど、よりきめ細やかな指導をするために各学校の教育課程に関する裁量権が拡大されてきています。

ゆとり教育の問題点

しかしこの一方で、学習内容の削減が基礎学力の低下を招いているという批判も。

さらに学力低下のため、首都圏を中心として児童・生徒が学習塾に通うようになり、むしろ時間的なゆとりは減ったとの指摘もあります。

ゆとり教育によって導入された総合的な学習の時間・少人数クラスなどの新しい取り組みは、教員や児童・生徒の力量・意欲が高い場合は成功しやすい場合が多いです。
結局はそういった各個人の持った要素に左右されるという利点と欠点があります。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。