中高一貫教育は、これまでの中学校・高等学校に加えて制度化されたものです。

中高一貫教育

中高一貫とは中学校と高校を別々に考えるのではなく、中学校と高校の6年間を一貫して教育を行う事です。

中高一貫とは中学校と高校を別々に考えるのではなく、中学校と高校の6年間を一貫して教育を行う事です。

中高一貫教育は、これまでの中学校・高等学校に加えて、生徒や保護者が中高一貫教育をも選択できるようにすることにより、中等教育の一層の多様化を進めるものです。

目的としては、生徒ひとりひとりの個性をより重視した教育を実現することであったり、より高度な教育を行い大学への進学準備を6年間の教育プランとして進めること、などがあります。

学校教育法等も改正され、平成11年4月から制度化されました。

中高一貫教育校の実施形態

中等教育学校
ひとつの学校として中高一貫教育を行います。
修業年限は6年で、前期課程3年と後期課程3年に区分されます。
併設型
同一の設置者が中学校と高等学校を持っており、それを接続すること。
高等学校入学者選抜(高校入試)は行わない場合もあります。
連携型
既存の中学校と高等学校が教育課程の編成や教員や生徒間の交流等で連携することで中高一貫教育を実施します。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。