早期教育とは「お受験」のために幼児教室に通うなど、普通よりも早めに教育を行うことです。

早期教育

早期教育とは、一般的な学習時期よりも早い段階で教育を行なうことです。

英才教育の一種として、よく行われるのが、ビデオなどの教材を利用した英語の取得などがあります。
基本的には、子どもが望んでというのではなく、保護者・親が率先して早期教育を行います。

早期教育の問題点

親が日常的に英語を話す家庭ではないのに関わらず、無理に英語を教えようとした結果、逆に言葉の発達自体に悪影響を与えてしまう事があります。

子どもに十分な認識力や判断力意欲などが育つ以前に、文字や数の理解などの概念的な認識の獲得がなされようとしているため、心の成長の妨げともなっているとも言われています。

あくまでも、子どもの興味にそって、必要な時に必要な知識を与えられるよう親は準備し、それ以上に強制的に詰め込みを行うことは問題があるといえるでしょう。

早期教育の種類

幼児教育・就学前教育

単純に早期教育といったら、こちらの事を思う方が多いのではないでしょうか。
小学校に就学する前に文字の読み書きや、計算、更には、小学校受験のために幼児教室に通ったり教育するなどのことを指します。

早期就学

諸外国では、小学校の就学年齢を標準よりも1年程度早くしたり遅くしたりする制度もあります。

飛び級・飛び進学

学年制の学校で、正規の進級よりも早期に上級学年に入ることです。
単純に生徒を上の学年に移すだけですので、不得意な・完全に理解がされないままの分野に関しても上級の学年で学ぶ事になるため、学生にとっては大変です。

早修

学年は同じままで、より高度な内容を学習する教育方法です。
飛び級と違って得意分野も苦手分野も上のレベルで学ぶというわけではないため、生徒にとっては負担が少ないです。
ただし、個人にあわせてカリキュラムを準備する必要がありますので、教える側には負担です。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。