成績評価とは学校における学習の成果についての評価です。

成績評価

成績評価は単純に「成績」とも言われますが、学校で各段階で評価され記録されます。

成績評価は教育活動に関する評価であり、学校では指導要録に記載し保管する義務があります。
つまり、私たちが学校から配布される「成績表」だけが作成されるわけではなく、きちんと学校内で定められた一定期間保管されます。

成績評価にもいろいろあります。
それぞれについて簡単に説明します。

相対評価

他の学習者と成績を比較し、成績が学習集団内でどの順位にあるかによって評価する方法です。
私たち親世代の成績といえば、この相対評価が用いられていたかと思います。

5段階評価であれば、クラス内で5は何人、4は何人と決まっており、どんなにテストの点数が良くとも順位で並べて決まった人数内に入らない限り、5はつきません。

絶対評価

相対評価では各個人の努力が反映されにくいということで、2002年の学習指導要領改定にあわせて学習目標に照らして評価を行う絶対評価が用いられています。

絶対評価は誰かと比べるのではなく、個人の成績そのものを、単独で評価する方法です。
よって、相対評価とは異なり、極端な場合クラス全員5ということもありえるのです。

絶対評価における評価手法は観点別評価が多く活用されています。
観点別評価とは、学習指導要領に示す目標に照らして、教科の学習状況を4つ~5つの観点にわけて評価を行う方法です。

個人内評価

個人内評価は学習者本人の以前の成績を基準にして、どれだけ進歩したかを評価するやり方です。

1年生の1学期はこれだけ見につけなければならない、というのではなく、あくまで各個人個人で達成すべき目標に到達できたかどうかのみを判断します。

ただ、実際、学校教育では個人個人で目標設定するのは難しいです。

成績評価まとめ

と、評価にもいろいろあります。
今の流行は「誰かと比べる」というよりも「自分としてどうか」という評価ですね。
まれに学校では、その"競争しない"というのが行き過ぎている気もしますが・・・

受験では結局「誰かと比べて点数がいいかどうか」なので、学校と受験でギャップが生まれて当然かもしれません。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。