受験とは進学のための試験対策から志望校選定、教科選択、入学試験の受験までのこと。

受験

受験とは入学試験、資格試験をはじめとした試験を受けることです。

一般的に受験といった場合は進学のための試験対策から志望校選定、教科選択、入学試験の受験まで含めたプロセス全てを指すことが多いです。

進学競争の過熱を戦争になぞらえて「受験戦争」と呼ぶことも。
これにあわせて「受験戦士」と表現されることもある。
また「お受験」という場合は、主に小学校くらいまでの低年齢の受験,幼稚園受験を指すようです。

受験時期の時期

受験の多くは1月末~3月前半に行われます。

中学受験等では最近では学校側の都合から12月末頃から実施されたり、1月中旬に実施されることが多くなりました。

また中学受験では、同じ地域の学校が同じ日に一斉に実施するのが普通。

大学受験等は大学入試センター試験等を除けば試験日が意図的に統一されることはないですが、一般入試では2月前半に集中することが多いです。

但し、最近では試験日を分散させる傾向が強く、前期試験や後期試験として通常の試験日とずらして日程を組むことも。

受験の現状

高度経済成長期頃から、よりよい進路のため学歴を身につけようとする風潮が広まり、それにつれて大学受験競争が活発になりました。

そこから、進学校(主に入学偏差値の高い学校をさす)へ入学することがその後の受験に有利であるとの認識から、高校受験、中学受験と、次第に受験競争は低年齢化しながら過熱。
また、私立学校を中心として、入学すれば上級学校へ進学する際に通常の入試を受けずに内部進学できる場合が多いことも受験競争を過熱させる原因となっています。

小学校受験、幼稚園受験に至っては明らかに本人の意志よりも両親の意志ですよね。
そんなことから「受験」のことを「お受験」と呼んだりします。

人口の少子高齢化が進むなか、受験もその影響を受けている。大学は受験者数全体の減少のため志願倍率も全体として低下傾向です。

とはいえ、中学受験は依然活発。
これは、一部都市圏における公立中学への信頼度低下や、少子化の影響で子供ひとりあたりにかける教育費が増加したことなどが原因でしょう。
その一方、中学受験による親の経済的負担の増加も著しい。
また、公立の中高一貫校や小中一貫校も出現したが、経済格差により一部の人たちしか享受できないとして批判がもあります。
(家計支出に占める教育費の割合はエンジェル指数と呼ばれます。これは、食費の割合であるエンゲル係数になぞらえたもの。)



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。