受験になると競争率が気になります。競争率には志願倍率と実質倍率の2種類あります。

競争率

競争率とは一般的にいうと、一定の権利をめぐって集まる倍率のことです。

受験で言えば、自分が希望している学校には当然定員(募集人数)があって、その定員(募集人数)以上に希望者が集まってしまうと、入学の権利をめぐって倍率が生じます。

競争率の種類

競争率には、志願倍率と実質倍率の2種類があります。

志願倍率

志願倍率は志願者数を募集人員で割ったもの。
入試が行われる前に、競争率の目安とすることができます。
志願しても実際は受験しなかったり、募集人員より多くの合格者を出したりする場合があるので、実際の競争率(実質倍率)とは数値が異なります。

実質倍率

実質倍率は、実質競争率ともいい、受験者数を合格者数で割ったものです。
入試が行われ、合格者数も確定してから算出されます。
受験の際には、前年度の実質倍率を参考にするとよいでしょう。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。