強制教育(きょうせいきょういく)とはいわゆる「詰め込み型」の教育でもあったりします。

強制教育

強制教育とは一定水準の教育を子ども達に強制することです。

強制教育は、国民に一定水準の教育を「強制」するという正確をもって登場したものであり、義務教育制度の根本でもあるといえます。

「勉強」という単語を見ても分かるように、「勉めることを強いる」って意味からできていますし、「教育」の"教"も先生がムチ打つ姿からなる漢字です。

ただ、最近では「強制教育」によって、子ども達が自分なりの感性、ものの見方・考え方を育むことを阻害しているという風潮で、そこから「個性の尊重」とか「ゆとり教育」なんてものが登場しました。

確かに、強制教育だけではダメだと思いますよ。
嫌がる子どもを押し付けて、無理やり勉強させたとしても身につかないかもしれません。

発達心理学上も、子どもの興味・関心に併せて、その欲求を満たすように課題を与える方が、より取得するということはよく知られています。
(双子の階段の実験とかね。)

でも、何も強制せずに、子どもの思うままにさせていては、ものすごく偏った方向にしか進まないことが多いのではないかなと思います。

よーは、何事もバランスが大事で、やっぱり最低限身に付けて欲しいことは、強制だろうがなんだろうが、身に付けさせないとダメでは?

そうやって、いろいろな方面から様々な事を学んで身につけた上で初めて、さあ、自分としてはどうしていきたい? ということを考えられると思うのです。

全く自由な状態で、何も得ていないのに、「あなたの自由にしていいのよ」と放置することは、子どもにとっては逆に困ってしまうと思うのですがどうでしょう。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。