義務教育とは子どもに普通教育を受けさせる義務のこと。子どもへの義務ではありません。

義務教育

義務教育とは子どもに普通教育を受けさせる義務のこと。子どもへの義務ではありません。

日本国憲法の第26条第2項に

「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。」

と定められており、この規定に基づく教育を「義務教育」と呼んでいます。

小学校(もしくは盲・聾・養護学校の小学部)の6年間の教育と中学校(もしくは盲・聾・養護学校の中学部、中等教育学校の前期課程)における3年間が、義務教育の期間に該当します。

義務教育に該当する年齢(学齢)

4月1日時点で満6歳の人から4月1日時点で満14歳である人が該当する。 義務教育の対象年齢を「学齢」ともいいます。

義務教育に関わる費用

日本国憲法26条2項の後段においては、義務教育は無償とすると定められています。

この「無償」とされる範囲ですが、授業料の無償を意味します。
よって教科書、学用品その他教育に必要な一切の費用は別です。
公立小学校・公立中学校でも授業料以外の費用に関しては集金されていますよね。

なお、私立学校などでは、授業料の徴収が学校教育法により認められています。
よって授業料がかかりますので、公立に比べると高額の授業料を徴収されます。

公立と私立のお金の違いについては小学校でかかるお金中学校でかかるお金、をご参照ください。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。