所得格差と教育費に対する負担感について。実は高所得者の方が教育費を負担だと思っています。

受験.inと中学受験 / 子どもの教育費・学費 / 所得と教育費の負担感

所得と教育費の負担感

家庭の所得によって、教育費を子育ての一番の負担だと思うかどうかは変わるのでしょうか。

普通に考えれば、家庭の所得が低いほど、子供の教育費が負担ではないかと思います。

しかし、次のグラフを見てみてください。

これは、所得ごとに、子供の養育費(生活費・教育費)を子育ての中で一番負担だと思う割合を表したものです。

教育費を負担に思う割合

実は、高所得者の方が、教育費を負担だと思っている人が多いのです。
以外ですよね。

実は、この理由は単純で、所得が多い家庭では、子供への期待も大きく、高学歴を望む傾向があるからです。

下のグラフは、家庭所得ごとに、子供に大学・大学院に進学して欲しいと考えている割合です。

所得子供の大学・大学院への進学を希望
200万円未満 低所得 大学進学低所得 大学院進学
400万円未満 中流家庭 大学進学中流家庭 大学院進学
600万円未満 中流家庭 大学進学中流家庭 大学院進学
800万円未満 上流家庭 大学進学上流家庭 大学院進学
1000万円未満 高所得 大学進学高所得 大学院進学
1000万円以上 高額所得 大学進学高額所得 大学院進学

青色が大学進学を希望、赤色が大学院への進学を希望する割合です。

所得が上がるにつれて、子供の大学への進学を希望する家庭が多くなることが分かります。

高所得家庭では、子供に高学歴を身につけさせるために、塾など習い事に通っている割合も多く、学習塾や習い事にかけるお金も高い傾向があります。
そのため、いくら所得があっても、それだけ子供の教育費を支出しているため、低所得者よりも逆に教育費を負担に思うということです。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。