公立中学校と私立中学校での教育費の違いを比較してみます。

中学校でかかるお金

公立中学校と私立中学校での教育費の違いを見てみましょう。

まずは公立中学校の場合の1年間の教育費の平均です。

項目公立中学校 1年間総額平均 \468,773-
■学校内学習費 ・・・・・・・・・・・・・・
授業料 中学校 授業料 \0
寄付金・納付金等 中学校 寄付金・納付金 \45,044
学用品・制服・通学費 中学校 学用品 \87,599
給食費 中学校 給食費 \36,701
■学校以外の学習費 ・・・・・・・・・・・
家庭内学習費 家庭内学習費 \21,761
学校外活動費 学校外活動費 \64,811

続いて私立中学校の場合の1年間の教育費の平均です。

項目私立中学校 1年間総額平均 \1,274,768-
■学校内学習費 ・・・・・・・・・・・・・・
授業料 中学校 授業料 \417,161
寄付金・納付金等 中学校 寄付金・納付金 \310,310
学用品・制服・通学費 中学校 学用品 \228,762
給食費 中学校 給食費 \3,100
■学校以外の学習費 ・・・・・・・・・・・
家庭内学習費 家庭内学習費 \35,845
学校外活動費 学校外活動費 \112,819

※集計項目に関して

  • 寄付金・納付金等:修学旅行や遠足、PTA会費等を含みます
  • 学用品・制服・通学費:実験実習材料費や通学用品費も含みます
  • 家庭内学習費:学習塾や家庭教師代、図書費等を含みます
  • 学校外活動費:学習塾以外(ピアノやお稽古事)の月謝、スポーツ・レクリエーション活動費を含みます

公立中学校の場合、公立小学校と同様に「授業料」は無料となっています。
ただ、公立学校がタダ、というわけではないことは、上のグラフを見てもらえれば分かると思います。
PTA会費や遠足・修学旅行費用・給食費の他、通学に関わる費用(制服やかばんなど)は必要となります。

公立中学校と私立中学校の学費を比べると、何もかもが私立中学校の方が高い! それぞれ、約3倍ほどの差があります。
私立の給食費が殆どないのは、みんなお弁当か学食だから?

学校以外にかかるお金としては、塾などの費用(家庭内学習費)は、ほぼ同額。
でもそれ以外の勉強以外の費用(学校外活動費)は、私立中学に通う子供達の方が2倍となっています。
勉強に関しては、私立中学校で十分やってもらえるだろうから、それ以外にお金をかける、といったところでしょうか。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。