家庭教師をつけるためにはどうしたらいいのか。家庭教師の種類などについて紹介。

家庭教師について

家庭教師をつけるためにはどうしたらいいのでしょう。 家庭教師の種類などについて紹介します。

家庭教師は完全個人レッスンですので、一人一人の学習能力や学習スピードにあわせられますし、なんせ自宅に来てくれるので、塾に通う時間も気にする必要がなく、便利です。
また、塾のように決まった曜日、決まった時間厳守というわけでもなく、ある程度フレキシブルに対応してくれます。
よって、家庭教師を希望される方には、単純に進学のためというだけでなく、宿題が一人ではできないとか、中には兄弟代わりに来てもらう事を希望して、家庭教師を雇う場合もあります。

家庭教師の種類

では、まず家庭教師を雇うにあたって、家庭教師の所属に関しての種類を見てみましょう。

個人家庭教師

営業から授業まで、全て自分でやっている家庭教師です。
地域の情報誌や新聞などに広告を出して家庭教師先を探す社会人家庭教師と、大学等に通っていて、大学のアルバイト担当課などに来た家庭教師希望の家庭を探している学生家庭教師があります。
家庭教師を雇う側も、その個人に対しての契約ですので、当たり外れが大きく苦労をする場合も。
学生の場合は、自分が希望する大学等でない限り、受験に対するアドバイスももらえないかも知れません。
料金も全く個人によって異なります。大学生の場合はその大学によってある程度値段が変化します。
(レベルの高い大学の学生であればそれなりの料金をとりますよ)

家庭教師斡旋業者

上記のような個人家庭教師が登録をしており、斡旋業者はその斡旋のみを行います。
紹介料がかかりますが、ある程度家庭教師の当たり外れを阻止する事ができるという点ではよいかも。
ただし、斡旋業者は斡旋したらお終い。
あまりにもひどい家庭教師が来た場合は、無償で他の家庭教師を紹介してくれるかもしれませんが、最後までフォローアップをしてくれる訳ではありません。

家庭教師派遣業者

個人家庭教師や斡旋業者とは違い、斡旋はもちろん、家庭教師担当者への研修なども必要に応じて行っていたりしますので、家庭教師全員がそれなりの質を保っているかもしれません。
ただ、初回の体験家庭教師は、それ専用のいわゆる営業担当家庭教師が担当し、実際の家庭教師担当者とレベルが異なる場合がありますのでご注意。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。