塾といっても多くの種類があります。学習塾の種類について知りましょう。塾を学力別分類でみてみます。

塾の学力別分類

受験・進学のための塾、学校での学習を補うための塾・・・と、塾自体に学力レベルによって差があります。 学力別に見た場合の塾の違いを見てみましょう。

進学塾

塾にはいるにもテストがあるのが進学塾。入塾テストを行い、塾に入れるにふさわしい児童・生徒を塾も選択します。
「勉強が出来ないから行く塾」ではなく、まさに受験・進学のための塾であり、学校で既にある一定レベル以上の成績を持つ子どもが通います。
授業は、学校の授業より先に進んでいる場合が殆どで、志望レベル別授業や志望校にターゲットを絞った特別授業も行っています。

総合塾

総合塾は入塾テストを設けている場合とそうでない場合とあります。ただ、何れにしても、ある程度の成績を基準としています。
能力別にクラス分けを行い、生徒の目的と学力に合った授業を行います。
幅広い生徒が集まる代わりに、平均学力は進学塾に比べて劣ります。

補習塾

ちょっと学力の足りない子どもや、学校の授業だけでは理解不足である児童・生徒に対して、学校の学習速度にあわせた授業を行います。
目的は、学校の小テスト・定期テストでの得点アップであり、そのための補習といった感じです。
学校の成績だけを上げたい場合や、進学塾の入塾テストに合格するために通うのなら有用ですが、受験の手助けにはあまりなりません。

以上3つが、塾を学力別に分類した場合の種類です。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。