中学受験生は小学生。中学受験目指してどんな受験勉強法があるのでしょうか。

中学受験勉強法

中学受験をするにあたっての受験勉強にはどんな勉強法があるでしょうか。

中学受験生は当然小学生。 つまり大学受験とは違って、遊びたい盛りの子どもに勉強をさせなければなりません。

そのような意味で子どもにどのような受験勉強をさせるかは悩みどころです。

中学受験勉強法の種類

中学受験勉強法としてどんなものがあるのかを挙げてみましょう。

学校の予習・復習と自己学習

行くのは小学校だけ。授業の内容をしっかり理解し、自分で不足分を適宜補う勉強法。
ただし、これができるのは、ある意味相当優秀な子どもでしょう。
自分で進んで勉強しているわけですから、保護者の方も勉強法に悩んだりすることもないのでは?

進学塾・学習塾へ通う

塾へ行けば否応なしに一定時間は勉強させられます。
また進学塾の場合は志望校に沿った受験勉強対策も考えてくれますので、自分一人では勉強しない子にはよいでしょう。
ただし、それなりにお金(月謝)がかかることと、時間的な制約が大きくなるということがデメリットです。

家庭教師を雇う

集団での勉強はイマイチな子、個別学習を望む方は家庭教師がよいでしょう。
自分のペースで勉強がすすみますし、分からない所も質問しやすいです。
ただし、自分のペース自体に問題があると受験には間に合わないという恐れも。

通信教材をとる

一番お金がかからず、時間的な制約も少ないのが通信教材。
ただし、殆どが学校教科書準拠。つまり、学校で習うこと+α程度の内容しか含まれません。
また、自分で計画を立てて進めることができる子でないと、通信教材をとったまではよかったが後まっしろ、という事態が十分考えられます。

わが子にあった中学受験勉強法とは

上に記載しました受験勉強法のうち、自分の子どもにあうのはどれでしょうか。

まず、その前にそれぞれを更に詳しくみていきたいと思います。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。