いよいよ受験学年。相変わらずのんきに過ごしているウチのお子様。とにもかくにも受験に向けて出発です。

6年生!受験学年!

塾では2月から6年生になりますので、いよいよ受験の学年です。

2月の初めには学年毎に保護者向けの説明会があるのですが、行ってびっくり。
全員参加ですか!?なくらい人がいる。
真剣さが違うかも・・・

担当講師の説明や各教科別に学習のポイントなんかの説明がされました。

算数は5年生の段階で小学校の全分野が終了しているそうで、後は復習しながらレベルアップらしい。

国語は長文読解や普段使わない言葉から漢字の総復習やら忙しそう。

理科も社会も夏休みまでで単元の学習は終わり。

よーは、夏休みを境として、後は受験対策へと突入と。

塾の回数も週5回と増え、その日の宿題は少なくとも半分はその日のうちにやってしまわないと、間に合いません。

1日に2教科ずつだから、1教科分の宿題はやってから寝るっていうこと。

ゆっても、あと1年間。

じたばたせずにやっていこう(やらせていこう?)と思います。

あ、ちなみに、相変わらず一番下のクラスからの出発です。
6年生は1つ上のクラスからという野望は見事に打ち下されました(T T)

ところで、なかなか私自身が勉強をみてやれないので、家庭教師をつけようかと思って、中学受験鉄人会に家庭教師選考依頼をだしたものの・・・ 10日たっても2週間たっても連絡ナシ。
まあ、該当する家庭教師が見つからない場合がありますとはあったけど、連絡ぐらいしろ~
フンだ、もういいや。

中学受験鉄人会はプレジデント Familyに載っていたので知ったのですが、まあ、プレジデント FamilyはPRESIDENT (プレジデント)と同じで、とっても素敵な理想が載っている雑誌。

どっちとも出張の時の新幹線での暇つぶしに読みますが、カッコエエなぁ~と思うような家族(PRESIDENTにはビジネスマン)が載っています。

理想を目指すのはいいけど、こういう雑誌を読んで真剣にそうしなきゃ!と思っちゃうのは、それはそれで結構イタイお人かと思わないでもないですが。
マニュアル派ってやつですね。
何かを読むと、それしか頭になくなっちゃう人。
本や研修の受け売りをさも偉そうに語られると、こいつバカかと思います。

でも会社に「ぼくはアンチマニュアル派なんです!」と宣言しているのがいて、それはそれでバカっぽい。

マニュアルに従わない人は組織じゃ生きていけないし、マニュアルにしか従えない人も組織には要らない。

応用がきくような下地作りのために子供の間は詰め込み教育でいいと思っているのでした。

って、なんか途中から話がかわってしまっているような・・・?



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。