塾では学校とは比較にならない量の宿題がだされます。塾に行くより宿題が大変。

塾の宿題

学習塾に通いだしてから何が大変かといえば、塾に行くことよりも、塾の宿題をこなすことだったりします。

学校の宿題なんて、「計算ドリル」とか「漢字ドリル」せいぜい1ページとか、日記とか、本読み程度。

でも塾では毎回、その日あった授業の教科全てが、沢山の宿題を出します。

いよいよ塾生活スタートでも書いたように、家で宿題をこなすことは、それはそれで重要だと思っています。

ただ、まだまだ知識もテクニックもついていっていないわが子は、宿題にかなり時間がかかります。
月に何度かは塾の宿題のために夜12時近くまでかかることもあったり。

そんな状態だから、小学校の宿題が日記だけ、とかいわれると、ちょっとほっとします。
これで塾の宿題が進められる!ってことで。

なんだか、やっぱりどこか矛盾しているような気もしますが、塾に通いだしてからは、学校の授業はある意味ゆっくり簡単に、塾の復習をしているといった雰囲気ではないのかなあと思います。
算数なんか顕著で、「あれ、これとっくに塾でやってるぞ。」ってな内容が教科書の後ろの方だったりします。

まあ、全部が全部そんなわけでもないですけど、塾が予習で学校の授業が復習になろうが、逆だろうが、子供にとっては両方合わせてより学習内容を理解してくれればいいわけなのです。

頑張って勉強をこなすことで、プライドというか自分として誇れるものが1つでもできてくれればいいのにな、と思います。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。