学習塾の生活スタートです。学習塾で驚いたのはとにかく宿題の量が多いことです。

受験.inと中学受験 / 中学受験・塾日記 / いよいよ塾生活スタート

いよいよ塾生活スタート

入塾テストも入塾手続きも終わり、さあ、あとは塾へ行って勉強するのみです。

塾は2月が学年の始まりで、子供は4年生クラスとなります。
学校はまだ3年生だけどね。

4年生クラスは週3回塾があります。
1科目100分授業で、土曜日は3科目となります。
オプションで図形教室も申し込んだので、図形教室のある日はお弁当が要ります。
年10回くらいですが、夜ご飯が塾でお弁当なんて、どっかでみた某家庭教師のCMのよう・・・

6年生になると殆ど毎日塾があって、殆ど毎日塾でお弁当。大変だ。
お弁当は持参か、塾で500円で購入になります。外に出て買うのは安全面から禁止してるようです。
夜だし、繁華街だしね・・・

で、いよいよ学習塾初日。

一応、去年体験入学もしているので、まあ緊張することもないかと思うのですが、驚いたのは宿題の量。

今まで学校の余裕の宿題からは想像もできない量です。
全ての科目が問題集3ページとか宿題で出されます。

とりあえず、国語→算数→(スイミングスクール)→算数・理科・社会で1週間3回塾+スイミングスクールというスケジュールなので、算数の宿題が大変。 塾でも家でも勉強・勉強の日々となりそうです。

4年生は勉強する習慣を身に着ける、という目的なので、とにかく机に向かって与えられた課題をこなすことに慣れてもらうしかないですね。

しかし・・・いきなり塾に入れられて、いきなり大量の宿題がだされたら、自分だったら嫌だなあとも思いつつ・・・

ただ小学生の間なんて「強制教育」が必要だと思うんですよね。
最近は個性の尊重とかいう名目の下で、強制は悪っぽく言われてますけど、私は違うと思うのです。
自立するまでは強制でも何でもとにかく必要なことをやらせて、その結果自分で物事を考えられるようになって初めて自由に判断する権利を得られると思います。

小さいうちから、嫌ならやらなくていいよ、なんて言われたら、大抵やりたいことしかしないでしょう。
自由な状態で自ら興味と関心のあることをとことん真剣にできるのは、元々優秀な一部の人だけではないでしょうか。

凡人は無理やり嫌々でもこなしていくしかない気がします。



中学受験を目指すための特別企画!

【通信教育のZ会】学習に取組みやすくなる小冊子、プレゼント中です。

資料請求で一生のびるための考える力をどのように育てるかの完全ナビをプレゼント!

SAPIX・日能研・四谷大塚の中学受験専門プロ講師が運営。
ご相談後、お子様に合ったプロ家庭教師を派遣します。

子供の個性に合わせてオーダーメイドでプロ家庭教師を派遣してくれます。